--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だっちょこ だっちょこ 飛び出したー

2010年01月29日 17:08

♪だっちょこ だっちょこ とびだしたー
針とぉ糸でぇ縫いつけた~~
作詞 だっちょこの母
100129-1.jpg
↑美ネコだちょ



私のブログネーム「だっちょこ」ですが、

十ピー年前、実家にいた頃に飼っていたネコ「だちょ」から取っています。

ある日、妹1&2が、どこぞから子猫を拾ってきて、外の物置に隠しました。

ところが

その子猫は「ニャーッ!!ニャーッ!!」と、すんごい大声で泣き叫ぶものだから、

あっさり母に見つかってしまったのでした(笑)


母:「ネコ拾ってきたでしょう!?

妹1&2:「いないよー」

母:「ネコを物置に隠してるのよ!

だっちょこ:「ふーん 笑」(^ω^)ニヤニヤ

子猫:「ギニャーッ!ギニャー!

母:「・・・もう、つれてきなさい・・・(ため息)

こうして子猫はうちに仲間入りしたのでした

なんてかわいい手のひらサイズの子猫ちゃん

(手のひらサイズだった頃の写真が見当たらないのが残念・・・)


当時は先住ネコとして、
100129-kurotti.jpg
黒ネコくろっちと


くろっちよりは比較的白っぽい(拾った時は白かったの!)
100129-shirotti.jpg
しろっちがいました。 ・・・ヒドイ顔↑(笑)



先住ネコも子猫ちゃんのお世話をしてくれました。

ふたりともオスなのに!!

しろっちなんて優しいから出ないのにお乳をあげてたんですから!(T▽T)


しかし数日後

子猫のお尻がプクっと腫れているではありませんか!(`ω´;)

排泄のお世話が下手でただれちゃったのかな~、ごめんね~

と、消毒粉(スプレーの粉末のやつ)をかけてあげましたが、

いっこうに治らないので病院へ連れて行きました。

そして判明したのは・・・!!

なんと子猫のお尻は腫れているのではなく、

「脱腸」だったのです!(ノ`Д´;)ノガーン!

・・・消毒しちゃったけど・・・大丈夫だったのかしら?(=ω=;)

いえね、結果大丈夫だったんですけどね。

あまりに「ギニャー!ギニャー!ママー!」と踏ん張って鳴いていたので、

腸が飛び出ちゃったんですね・・・

子猫のお尻は糸で縫い付けられ、家に帰りました。

すると母がその子猫をなでながら、毎日のように歌うのでした。


♪だっちょこ だっちょこ とびだしたー
針とぉ糸でぇ縫いつけた~~


↑メロディは盗作気味です(笑)

はい、そりゃもう名前も決定ですよ(-ω-)゛

命名「だちょ」

なんてセンセーショナルな名前



誰が名前を決めたってことはないのですが、

多分母が「だちょだちょ」呼んだに違いない(-ω-)゛


抜糸をしに病院へ行った時、

副院長:「名前は決まりましたか?」

だっちょこ:「はい!だちょです!!」(^▽^)ニコニコ

副院長:「ぶっ!!(噴)院長先生!!だちょですって!!」(爆笑)

院長:(声なき声で笑う)


脱腸になったから「だちょ」、そりゃウケルさ!

先生方の笑いを取ったワタシはなにか満足したのでした(^ω^)゛ 笑


そのだちょの写真が入ったアルバムをいつもPCのところにおいてあるのですが、

スキャナで取り込んだので、それをご紹介


昔だったので、お外も出回っていました
100129-2.jpg
やる気マンマンほっぺたどこにスリスリしたの?


実家の藤棚に登るのが大好きでした
100129-3.jpg
だちょ:『ボクには美しい花が似合うのだ」



写真に日付が・・・97年???

この頃はワタシ、花の高校生女子だった・・・(ノTωT)ノモドリタイ・・・

あと、年末に実家に帰った時、ネコアルバムを1つ持ってきました。


↓こちら、高校生女子だった当時作ったネコアルバム↓
100129-4.jpg
写真のネコにセリフをつけていたとは・・・この頃からネコ妄想狂?


一例を挙げると・・・
↓↓↓


防犯カメラに映っていた犯人とその足跡です。
100129-5.jpg
足のサイズは3センチ。ヘアスタイルは六四分け。
中肉中背。40代後半のサラリーマンタイプと思われます。



うう・・・、なに、そのセリフ・・・

高校生女子!なんておバカだったんだ・・・(=ω=;)

でもなんかおかしいので、そのうち別の写真もご紹介します。

・・・ぷぷ。


本日も更新、カラスのカー

ケンカ?



だちょは男の子だけどちっちゃくて、超甘えっ子でした
人気ブログランキングへ    にほグ村 猫ブログへ
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。